« 夜の五能線 | トップページ | また買っちゃいました »

温泉からの帰還

旅行2日目。窓から問題の露天風呂を見てみるとまだ半分海。「やっぱり今日も無理だ」と諦めた。残念!
DSC_0003blg

ホテルをチェックアウトし不老ふ死温泉を後にしてから、ホテルの車で艫作駅へ送ってもらったが、その車に乗っていたのは私を含めて二人だけ。車が帰ってしまうと残された我々は少し不安になる。それにしても近代的なホテルと無人駅の艫作。このギャップがあまりにも大きい・・・。折角だから駅をじっくりと見て回ってみたら、納屋(?)みたいな所に古い自転車が仕舞ってあった。だれか乗るのかな?

(^^;

DSC_0009blg

やってきた列車に乗ると案の定乗客はほとんど無し。まあ朝早いのでその方がゆっくり出来ていいけど。一緒に乗った初老の男性も人気がないからなのか、運転席のすぐ後ろの窓にへばりついて進行方向をずっと眺めていた。普通なら大の大人がこんな事やると少し恥ずかしいけど、だれもいないから許される。こういうのはローカル線の良い所です。DSC_0018blg 1時間半の後、能代駅に到着。この頃になると“どんよ〜り”した雲は何処かに逃げて青い空が戻ってきました。青い空、白い雪。こういう天気だと冬もいいけれど、さっき迄のような曇り空では気が滅入ってしまいます。DSC_0031blg能代から更に足を伸ばして大館まで行ってみました。行く迄知らなかったのですが、この大館はかの有名な忠犬ハチ公の出身地だとか。駅前に銅像があるのはもちろん。ホームには「ハチ公神社」なるものがありました。私は思わず賽銭を入れて「我が家のワガママ犬がもう少し飼い主の言う事を聞きますように」とお参りしておきました。それにしても神社に祀られるハチ公というのはとっても偉かったんですね。私なんかはいつ迄たっても一般ピープルの中の一人なのに。

DSC_0044blg

大館の街に出て観光案内所に行き、2時間ぐらいで往復出来る観光地がないか聞いてみたら、中にいた事務員の方が親切な東北弁で「近くの川が白鳥の飛来地だから」と教えてくれました。片道15分弱の距離ですがそこはそれ。やっぱり秋田。昨日降った雪がまだ道路に残って歩きにくい! 恐らく地元の方は難なく歩くのでしょうが、あまり雪道を歩かない私にとってはとっても苦労しました。おまけに川について堤防をおりて行くとそこは銀世界! 個人的にはミニ雪中行軍でした。でも白鳥は沢山きていましたよ。DSC_0048blg

|

« 夜の五能線 | トップページ | また買っちゃいました »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

いや~真冬ですね~こっちももうすぐ…。でも冬の東北は何もしないで宿で温泉つかってゴロゴロが一番の贅沢かなぁ…。でもこれはこれでいい旅行です。

投稿: 偏遊人 | 2005年12月 6日 (火) 23時08分

北国事情を理解頂けたようでありがとうございます。
実際天候がああだとそれに耐えるというか行動半径も
少なくなり同じような日々を過ごしてしまう
というのが北国の性質でだから寡黙とか暗いとかおとなしい
とか思われるのでしょうね。中には明るい人間もポツポツ
(私も少数派)いたりしますが…。
でも雪が積もり一面純白の静かな世界というのは
結構好きだったりしますけど…雪カキが大変なんだな
毎年毎年あ~ぁ…新潟の雪は湿っていて重いので…。

投稿: 偏遊人 | 2005年12月 9日 (金) 12時13分

私の住んでる所は非常~に雪が少ないので、たまに雪が積もると嬉しかったのですが、あれが毎日あるかと思うとちょっとたまりませんね。吹雪くと歩いていても痛いし…。

今回の旅行でも雪道を歩くのにものすごく苦労しましたが、やっぱり雪の多い地域に住んでおられる方は歩くのも速いですね。サッサと歩いておられて、こけそうになりながら歩いているのは私一人だけでした。

投稿: shofuku | 2005年12月10日 (土) 21時01分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140791/7483435

この記事へのトラックバック一覧です: 温泉からの帰還:

« 夜の五能線 | トップページ | また買っちゃいました »