« 嵐山の鵜飼 | トップページ | 時代劇の撮影 »

日本昭和村

8月13日に岐阜県の日本昭和村まで足を伸ばしてみました。「明治村」には昨年行きましたので、ならば今回は昭和に、という実に安直な理由からです。(笑)

ここにも古い建物が並んでいましたが、明治村が“野外博物館”的な意味合いが強かったのに比べると、昭和村は家族で楽しめるテーマパーク的な感じでした。
001早速近くの古民家に上がってみると・・・古いおもちゃや白黒テレビがおいてありました。一定の年代以上の方には懐かしいのではないでしょうか。囲炉裏もありまして、なんとここでは実際に薪をくべて火を焚いていました。
これが冬ならゆっくり暖をとれるので良かったのですが、夏場ではちょっと暑すぎました。

奥のほうには木造の学校もありました。私が小学生の頃には既に鉄筋コンクリートの校舎しかありませんでしたが、映画などで見る古い校舎はこんな感じだったのでしょうか…。
ちょっと雰囲気を出すためにセピアにしてみました。
008
校舎内の廊下も。小さい頃は廊下を走って注意された事がありましたっけ。この校舎は“昭和初期”という感じがしました。
007

最後はおまけで日本昭和村のマスコット君(ピノキオ?)。おにぎり食べてお茶を飲んでる姿が可愛らしいです。
019

|

« 嵐山の鵜飼 | トップページ | 時代劇の撮影 »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

子供たちが好きなのでここにも年1,2回行きます。
私はぎりぎり木造校舎の世代ですが、あそこにあるのはもうちょっと古いかな。

以前ブログにアルバムを貼ってていましたが、あのキャラクタはあちこちにありますよ。全部の写真を撮ろうと思って撮ってきましたが、まだ見落としがありそうです。

投稿: osanpo | 2007年8月15日 (水) 10時56分

>osanpoさん
あのキャラクターは園内に沢山あったのですか。最初はあまり気にしてなかったので、帰り際までほとんど気付きませんでした。
(^^;

投稿: shofuku | 2007年8月15日 (水) 15時33分

昭和という響きがとても好きなんですよね
平成という年号は平凡という字っぽく非魅力的です
なんやかんやで今と比べていい時代だったような…
今がロクなNEWSも事件もないのがイヤですねぇ

懐かしいなぁ~木造校舎、黒い床に木のガラス戸…

投稿: 偏遊人 | 2007年8月17日 (金) 14時41分

>偏遊人さん
今から思うと、昭和50年代や60年代というのはまだいい時代でしたね。恐ろしい事件も少なかったですし、切れたりする人もいなかったし・・・。
古き良き時代ってやつでしょうかね。

投稿: shofuku | 2007年8月17日 (金) 23時48分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140791/16121460

この記事へのトラックバック一覧です: 日本昭和村:

« 嵐山の鵜飼 | トップページ | 時代劇の撮影 »