« 伏見稲荷 | トップページ | ブルートレイン »

冬の東北

今日も写真の整理をしていまして、今回は冬の東北旅行の時のものです・・・。

新潟県の坂町駅から“米坂線”に乗って、約2時間・・・。車窓からみるのは一面を覆う雪でした・・・。米沢についてすぐに向かったのが上杉神社。上杉謙信公を祀ってあるそうですが、来年(2009年)は大河ドラマの主人公が直江兼続だそうで、付近のあちこちに垂れ幕がありました。
 A720__012_1 A720__037

 A720__031
こんな雪のお化け灯篭(?)まで・・・。

こちらは朝、ホテルから見た景色。雪山が綺麗でした。
 A720__061

米沢に泊まって翌日は山形へ。そして仙山線に乗り継いで仙台を目指しました。

A720__079 A720__080
途中の山寺駅で下車して、有名な“山寺”へ登りました。ここはあの芭蕉が「閑さや 岩にしみ入る蝉の声」という句を読んだところだそうです。
上の写真、左が山寺駅。右が目指す山寺。実は電車の都合で往復1時間ちょっとの時間A720__082しかありませんでした。その時は「早く行って帰ってこないと」とそればかり考えていましたが、後で考えると普段の靴を履いて荷物を持ったまま・・・。なんとも無謀な挑戦でした。

煩悩の数だけ階段があるそうなんですが・・・急ぐ余り一段抜かしで登ってしまいました。これって煩悩は残ったままなんでしょうね。crying

A720__101
上まで登ると素晴らしい見晴らしでした。でもこの往復で 急いだ為、3回ぐらい階段で足を滑らせてしまいました。。。coldsweats01

A720__089

なお今回初の試みとして、この時の写真で簡単な動画を作成してみました。短時間なので良かったら見て行って下さい。こちらから見られます

|

« 伏見稲荷 | トップページ | ブルートレイン »

「旅行・地域」カテゴリの記事

コメント

はじめまして。私のブロクにコメントありがとうございました。
雪の東北、いいですね。
急いで登った甲斐もあって、上からの景色、すばらしいですね。
動画も見させて頂きました。
あちらもいいですね。
写真がより印象的に見えてきました。

投稿: のんきち | 2008年3月 9日 (日) 20時36分

>のんきちさん
はじめまして、コメントありがとうございます。
山からの写真、後で考えれば「もっと落ち着いて撮ればな〜」と少し後悔してしまいました。(笑)
動画は初めての試みなのでちょっと心配でしたが、無事ご覧になれたようで安心しました。

投稿: shofuku | 2008年3月 9日 (日) 21時42分

こんばんは!
久しぶりにお邪魔しましたeyeうわぁ~素晴らしいですsnow感動ですshine
動画なんて心に染み入りました・・・
私など何もできず ただコメントを書くのが精いっぱいですが見させていただくだけで楽しいですnote いつか私も旅にでたいですtrain
今は家で catを撮っていますhappy01

投稿: らん太 | 2008年3月13日 (木) 23時55分

>らん太さん
こんばんは! 動画見て頂いてありがとございました。初めての作成でしたので苦労もありましたが、そのようにコメントしてもうらえますと、頑張って作った甲斐がありました。

この時はかなりの寒さでしたが、最近は次第に春を感じるようになってきましたね〜。
またいつでも遊びに来て下さいね〜happy01

投稿: shofuku | 2008年3月14日 (金) 22時24分

お~近くまで通ったのですね
今度時間あったら会いましょうよ~happy01

隣なクセに山形は全く知識がありません
冬雪嫌いなので北には行きたくないというのもあります
食わず嫌いなのかもしれませんけどね(汗)

投稿: 偏遊人 | 2008年3月16日 (日) 22時24分

>偏遊人さん
そうなんですよ! 新潟駅に行った時には「ひょっとしてこの駅のどこかに偏遊人さんがいたりして…」なんて思いました。happy01

雪国の方には怒られますが、普段あまり雪を見る機会がないので、前から「沢山の雪を見たいな〜」と思っていました。でも行ってみると寒いし吹雪くしで、大変なのが良く分かりました。coldsweats01

投稿: shofuku | 2008年3月17日 (月) 23時40分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140791/40438384

この記事へのトラックバック一覧です: 冬の東北:

» 小藩のたたずまい 上山藩 武家屋敷 [花と山歩き]
 上山藩は羽州街道の要所で山形藩と米沢藩の間にあった。温泉地で城下町で宿場町と当時のにぎわいがしのばれる。  お城の周りにいまだに武家屋敷が息づいている。玄関には「自由にお入りください」と書いてあり、生活しているにもかかわらず気軽に見せてくれる。  水琴窟という風流なものも庭先にあり、小藩のたたずまいがとても私は好きになった。藤沢周平の小説に出てくるようなかやぶき屋根の屋敷が何軒も並んでいる。  東北の小藩を見て歩くのも楽しい。    ... [続きを読む]

受信: 2008年3月 9日 (日) 20時29分

« 伏見稲荷 | トップページ | ブルートレイン »