« 雨上がる | トップページ | ホタルを探して »

話題作と立ち観の関係

今日は観てきました。「ターミネター4」 あの話題作です。

今回は“審判の日”以降のお話で、どちらかというと戦争映画に近い内容でした。これまでの雰囲気とはまた違ってますが、それはそれ。やはりターミネーター。デジタルのシュワちゃんshadowも出演という事で観客を楽しませてくれました。happy01
ところで、今回は公開直後に観にいったのですが、満席ではありませんでした。かなり沢山の観客でしたが、空席もちらほら。ちょっと意外のような感じでした。coldsweats01

以前の映画館と言えば、話題作の封切り直後は立ち観を覚悟。座れなくて2時間ず~と立って観た、という記憶もあります。(結構疲れるんですよね。)
ところが最近は事情が違って…。今回のターミネーターはシネコンで観た事もあり全席指定。立ち観がないのは当然として、空席があるのはどういう事??? 話題作なのに…。

以前、テレビで放送してましたが、最近は公開からDVDになるまでの期間がどんどん短くなっているようです。これは「人々の記憶に新しい間に、早くDVDにして製作費を回収したい」という製作者側の思惑だそうです。映画館に来る人の数が横這いなため、それではいっそのこと早くDVDにしてしまおう、という事らしいです。

そのせい・・・かどうかは分かりませんが、以前に比べると最初からDVDcdを狙っている人も多いのかも。最近はテレビも大型化して音も良くなってますからね。

とは言え、ターミネーター4はやっぱり大画面で音響設備の整った映画館の方が、面白いと思うけど…。

|

« 雨上がる | トップページ | ホタルを探して »

「映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/140791/45331370

この記事へのトラックバック一覧です: 話題作と立ち観の関係:

« 雨上がる | トップページ | ホタルを探して »