大雪が・・・。

昨日からの大雪で大変な思いをされた方も多いと思いますが、私もその一人になってしまいました。

昨日はある知人と約束をしていたので、大阪駅近くの店で食事をしました。10時過ぎにお店を出て、10時半ぐらいの電車に乗りましたので、通常であれば12時前には京都の自宅に帰れる時間です。ところが! 昨日は「先の駅でポイント故障が発生した」という事で、途中30分ぐらい電車の中で待たされてしまいました。
これだけであればよかったのですが、京都駅に12時頃ついてみると、12時03分発の電車がまだホームに入って来ていません。アナウンスに耳を傾けてみると「大雪の為、大幅に遅れており到着の見込みは不明」とのこと。いくら何でもいつ来るか判らない電車を待っていられないので、外に出てタクシーを探したのですが、これもダメ。タクシーどころか普通の車すらほとんど走っていません。考えたらこんな大雪の夜に走ろうなんて人は少ないですよね〜。

結局ホームに戻って電車を待つ事にしました。そして暫くした後、アナウンスがあました。やっと電車が来るのかと思いきや、「今日は隣のホームからの出発になりますので、移動して下さい。」との連絡。電車を待っている乗客全員が「え〜!」と不満を漏らしましたが、仕方なく移動しました。少しして電車が入って来たので乗り込むと、運良く席に座れました。「しめた、ラッキー!」なんて思っていると暫くしてまたアナウンス。なんと!「今日の電車は向かいのホームに入りますので、そちらにお移りください」と流れてるではないか!  「じゃあ今乗ってるこの電車はなんなんだ!」と腹が立ちましたが、どうしようもありません。でも他の乗客の中には駅員に文句を言ってる人もいました。

しばらくして電車が入ってきて、暫く後にこれが出発したのですが、結局ホームで一時間待たされ、帰宅したのは1時半。思いっきり疲れた一日でした・・・。
まぁ、大きな事故や停電などがなかったので、それを考えればまだマシです。

| | コメント (2) | トラックバック (1)

となりの電車が早く見える

今日、通勤のためにJR西日本の電車に乗っていましたら、ある駅に着いた所で「線路に人が立ち入ったため、運転を見合わせます」というアナウンスが流れ電車が停まったままとなってしまいました。まあ最近はよく遅れますので「またか」と思って待っていたら幸いにも10分ちょっとで動き始めました。しかし「安全確認のため」と言う事でず〜と徐行運転です。

電車の窓から外を見ると、私が乗っている新快速が徐行運転なのに隣を走る普通(複々線なのです)はスピードを出して走り抜けていきます。線路に人が入ったのなら隣のレールを走る普通も徐行しなければならないと思うのですが・・・何故でしょうか?

この疑問を考えていたら、普段あまり手に着かない仕事が今日は全く手に着きませんでした。もしご存知の方がおられたら教えて下さい。
(^^;

| | コメント (4) | トラックバック (0)

夜の五能線

土日の休みで青森の不老ふ死温泉 に行く事にしました。
大阪の伊丹空港から秋田の大館能代空港まで、1時間30分ぐらいの予定でしたが天候が大荒れ。飛行機(今回もプロペラ機)は結構揺れてゆれて・・・。機内放送では「揺れても飛行には差し支えありません」と流れていましたが、高所が苦手な私としてはかなり怖い思いをしました。

PA0_0071L

大館能代空港の天気が悪く、約30分遅れての到着。そこから空港バスで鷹巣に行き、予め調べておいた(用意周到にも伊丹で時刻表を買っておいたです)電車に乗ろうとしたらショック! 時刻表では15:58分発という事になっているのに、実際に駅に行ってみると16:01発となっているではないか!  予定では次の乗り換え駅、能代で五能線に乗り換えるつもりだったが、乗り換え時間が3分しかないのです。だから鷹巣で出発が3分遅れるという事は、能代駅での乗り換え時間が無くなってしまう。 慌てて駅員さんに確認したところ「大丈夫ですよ〜」とちょっと首を傾げながら答えてくれました。(何故?)

でもなぜ発射時間が時刻表と駅の表示では違うのか? 気になって調べてみると・・・やってしまいました。JR東日本では12月10日からダイヤの改正がありまして、私の買った時刻表はその改正後のダイヤ。一方今回の旅は12月3日なので当日は改正前のダイヤ。つまり私は時代を先取りして(?)未来の時刻表を使っていた訳です。道理で駅に表示してある時刻と合わない筈でした。 (^_^;

それで不老ふ死温泉のある艫作駅到着時刻を調べてみると・・・改正後のダイヤでは午後6時過ぎに到着出来るのに、改正前では7時半。それまで電車がない・・・。仕方ないのでまずは能代駅まで行き、そこで時間つぶし途中下車させてもらおうと駅員さんに話してみると、「東能代のほがまだ開けてますから、そちらの方が」いいですよ」と親切に教えて頂きました。ちょうど東能代行き電車が来たのでそれに乗って隣の東能代へ行ってみました。確かにこちらの方が都会ではあったのですが、夕方5時前。しかも今日は雪。荷物もあり遠出もできず吹雪(?)の中、15分ぐらいかけてローソンに寄って戻ってきただけでした。それからあとは駅の待合室で貝となっていました。


PA0_00696時過ぎに五能線の列車がホームに入って来て、これでいざ艫作へ!  当初は乗客も何名かいましたが、段々と少なくなり、最後は私ともう一人だけ。真っ暗な夜の中、時々泊まる小さな駅を見ながら過ごすこと1時間半。やっと艫作につきました。ちょうどホテルの方が迎えに(私一人のために!)来てくれていて、それで今日の宿までたどり着きました。
ちなみに不老ふ死温泉というと日本海に面した露天風呂が有名ですが、今日は大荒れの天気。展望露天風呂から見ると、海岸の露天風呂は真っ暗。そこに大波がこれでもか! と押し寄せていて、無理して入れば必ず海の藻くずと消えていた事でしょう。ですからお目当ての海岸露天風呂には入れませんでした。

でもまあ、なにはともあれ、無事やどについて当初の目的通り温泉に入る事はできました。

ホッ・・・。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

SLというのは・・・。

今年の5月に大井川鉄道のSLに乗ってきました。SLというと黒く白い煙をシュッポシュッポ出しながら走るあれです。
P1000731_r1   小さい頃みた「銀河鉄道999」やSL山口号など、SLというのには一種の憧れもありましたが、実際に乗ってみると意外な苦労があるですね…。走行中に窓を開けていますと、石炭の灰が飛んでくるんです。まぁ風流でいいのですが、私の場合は目に入ったので、暫くの間目があけられませんでした。
(T_T)
また、トンネルに入る直前には「フォー!」と汽笛が鳴るので(HGではありませんよ。(^^ゞ )、それを聞くとすぐに窓を閉めないと煙が車内に入ってきます。

正直、乗り心地だけで言えば今の電車の方が断然上です。でも、やっぱりノスタルジックな感じがいいのか、地方のローカル線を白煙・黒煙を吐きながら一生懸命駆けるすがたはSLの方が絵になりますね。やっぱりSLはいいもんです・・・。P1000739

| | コメント (0) | トラックバック (1)